このサイトのページには「アフィリエイト広告」などの広告を掲載している場合があります。消費者庁が問題としている「誇大な宣伝や表現」とならないように配慮し、コンテンツ作成をしておりますので、ご安心下さい。
問題のある表現がありましたら、問い合わせフォームよりご連絡いただけますと幸いです。

GOODS

共働きで犬に留守番させるときにゲージは必要!その理由やおすすめのケージまでを徹底解説!

共働きで犬に留守番させるときケージは必要?どんなケージを用意すれば良い?と気になっていませんか。

結論から言うと、共働きで犬に留守番させるときにケージは必要であると言えるでしょう。

理由としては「留守番中の問題行動や事故を防ぐため」「留守番中の犬に安心感を与えるため」になります。

この記事では、他にも「共働きで犬に留守番させるときにおすすめのケージ」や「ケージの選び方」、「ケージでお留守番させるときの注意点」までを詳しく紹介していきます。

共働きで犬に留守番させるときのゲージを用意するべきか悩んでいる人は是非参考にしてくださいね。

共働きで犬に留守番させるときケージは必要?

共働きで飼い犬に留守番をさせるときにケージを使用した方がいいのか悩まれている方は多いのではないでしょうか。

「ケージは狭く長い時間入れておくのはかわいそう。」そのように思う方もいらっしゃると思います。

しかし、結論から言えばケージを使用した方が犬にとっても飼い主にとっても幸せです。

なぜなら、お留守番の間ケージの中で過ごしてもらうことで好奇心旺盛な犬が思わずクッションをかじってしまうような問題行動を起こすことを事前に防ぐことができます。

「帰宅したら、お気に入りのクッションがビリビリだった・・・。」 なんていうことが起こると飼い主は、いくらかわいい飼い犬でもストレスが溜まってしまいますよね。

また、犬も問題行動で喉に綿が詰まってしまい窒息してしまう等の不測の事態に陥ってしまう可能性もあり、危険な目にあいかねません。

そのような理由から犬にお留守番をさせるときはケージを使用するのがおすすめといえるでしょう。

共働きで犬に留守番させるときケージを用意した方が良い理由

共働きで犬に留守番させるときゲージを用意した方が良い理由は以下になります。

・留守番中の問題行動や事故を防ぐため

・留守番中の犬に安心感を与えるため

それぞれ詳しく見ていきましょう。

留守番中の問題行動や事故を防ぐため

留守番中の問題行動や事故を防ぐためにケージの中に犬を入れてから外出するようにしましょう。

なぜなら犬は、探求心や好奇心が旺盛で少しでも気になるものが目に入ると「ちょっと噛んでみよう!」「どんな味がするのか味見してみよう!」と怖いもの知らずの行動を起こすことがあるからです。

例えば、もしお部屋の中に放したままだと留守番の際にパソコンの電源コードをかじって感電したり、出しっぱなしの玉ねぎを食べて中毒を起こしてしまうような重大な事態に繋がりかねません。

何か起きてしまってからでは遅いので、留守番をさせている間はケージに入れて問題行動や事故が起きないように飼い主が気を付けてあげることがお互いの幸せにつながります。

留守番中の犬に安心感を与えるため

留守番中にケージがあると犬に安心感を与えることができるでしょう。

「部屋に放し飼いの方が広いからいいのでは?。」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、犬はオオカミの頃からの習性で四方を囲まれた場所や狭い場所の方が安心感を持ちリラックスして過ごすことが出来るのです。

例えば、急な雷や苦手な音がしたときにソファやテーブルの下などに犬が隠れたのを目撃したことがある方は多いのではないでしょうか。

それは、そのような理由に他なりません。

ですので、子犬の頃からお留守番にケージを使用することで「ここは、僕の一番安心できる場所!」という認識を犬が持ち安心して過ごすことが出来るでしょう。

犬にとってはストレスがたまらず、飼い主にとっては、心配することが少なくなりお互いのためにも嬉しいですよね。

共働きで犬に留守番させるときにおすすめのケージ4選

ここでは共働きで犬に留守番をさせる時におすすめのゲージを4つ紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

アイリスオーヤマ インテリアウッディサークル

楽天市場で購入

Amazonで購入

アイリスオーヤマから販売されている天井と背板がおしゃれな木目調のケージです。

カラーがアッシュグレー、オフホワイト、ダークブラウンの3種類あるのでお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

しかも、いまならスマホでお部屋に置いたら実際どのようになるのかARで試してみることができるので「ダークブラウンがいいと思ったけど、ARで見たらアッシュグレーの方がしっくりくるからアッシュグレーにしよう!」ということに気が付くことも可能でしょう。

また、気になるお手入れ方法も底のトレーは取り外して丸洗いもできるので「粗相をしてしまった!」なんてときにもサッと洗って綺麗にできるのは犬にとっても飼い主にとっても嬉しいですよね。

天井部分の取り外しも可能なので、ベットを入れ替えるときにも上から簡単に入れることが可能です。

そして、いまならケージの中に入れるベッドがおまけとして一緒についてきます。おまけと言えどしっかりしたベットなのでおまけ以上の価値がありますよ。

おしゃれと手入れのしやすさが共存した使い勝手のいいサークルです。

ただ注意点として、小型犬用ですので中型犬や大型犬には不向きですのでご注意ください。

利用者の口コミは?

口コミ①

今の家が白を基調としているのでピッタリでした!部屋にすごくあっていてかわいいです。また掃除もしやすく大満足。大きめのコーギーを飼っていますがトイレは別の場所でしているので使用頻度は少ないですが以前持っていたケージより数倍いいです。

参照:楽天市場

お部屋にあう上にかわいくて掃除がしやすい一石二鳥以上の嬉しいケージのようです。
どんなにかわいいケージでもお掃除がしにくかったら不衛生になりかねませんもんね!掃除がしやすいで、初めて犬をお家に向かえる方にもおすすめですよ。

口コミ②
組み立ても簡単で出来た途端すぐにワンコは入って居心地を確かめていました。よい買い物でした。

参照:楽天市場

上記の口コミのように、ワンコがすぐに入って居心地を確かめてくれると「気に入ってくれたのかな。」と飼い主冥利に尽きますよね。
また、簡単に組み立てができるのは、ワクワクして待っているワンコのためにも嬉しいですよね。

多くの他の口コミでも、簡単に組み立てれると評判を得ているので組み立てが苦手な方も取り掛かりやすいのではないでしょうか。

ペットフェンス ペットサークル

楽天市場で購入

Amazonで購入

パネルが13枚もあるのでアイデア次第でお部屋にあわせて自由にサイズ変更ができる広めのペットサークルです。

パネルはくもり加工、くもり加工なし、穴あけありの3タイプから選択できるのも嬉しいですね。

くもり加工なしだとやんちゃな愛犬の行動もしっかり見ることができるので忙しい毎日を送る飼い主にも最適です。

また、高さが70㎝あるので「脱走が止まらない!」という悩みを抱えているかたにもおすすめです。

軽いので女性一人でも簡単に配置をすることができ届いたその日から犬が楽しむことが可能。

また、広さがあるので小型犬から中型犬まで使うことは出来ますよ。

ただ、やはり大型犬は子犬のときは使用可能ですが成長具合によって背丈が高くなるのでフェンスの役割を果たさなくなる可能性がでてきますので注意が必要です。

利用者の口コミは?

口コミ①

ケージの外で少し遊ばせてあげるスペースを作りたくて購入しました。使わない時はスッキリ片付けられ違う場所でもガードとしてつかえます。

参照:楽天市場

お散歩が難しい悪天候の日やお仕事で遅くなってしまったときに遊びたいオーラ全開のワンコにその気持ちを解消させてあげるのに最適ですね。 また、遊ばせた後にスッキリと片付けることができると遊びの時間とケージに入る時間のメリハリもつくのでワンコも納得しやすいでしょう。

口コミ②

広く走り回れるのでとてもよかった!すべてが網だと足にも悪そうで、この柔らかい素材感が良かったです!余ったのは、リビングに置いてリビングと自分の部屋両方に二つあるのでどっちにワンちゃんがいても安心です!

参照:楽天市場

ワンちゃんが広く走り回れるのは、飼い主としては嬉しいですよね!

また、パネルの数が多いので組み立て方によっては、このユーザーのように二つお部屋を作ってあげることもできるのでお家にいるときに、いつも一緒の空間にいられるのは飼い主はもちろんわんちゃんも嬉しいですよね!

走り回ることができるので元気な子犬や、やんちゃなわんちゃんにおすすめのサークルです。

ペティオ トイレのしつけができる ドッグルームサークル 2Way

楽天で購入

Amazonで購入

ペットシートでトイレをすることを勉強中の子犬に向けてのサークルです。

場所に合わせて形をコーナー型とストレート型に組み替えることが可能なつくりになっているので置き場所を選ぶことがないでしょう。

また、トイレのあるスペースとその他のスペースに仕切りがあるため犬もトイレの場所を認識しやすくトイレトレーニングがスムーズに行えます。

「初めて犬を飼うのでトイレのしつけが心配。」という方でも使いやすいと評判ですよ。

ただトイレとその他のスペースの仕切りは、飼い主が開けないといけないので在宅しているときの使用になります。

また、少しトレーの厚さが薄いので耐久性には欠けるかもしれませんがトレーの下に100均で販売している子供の足音を吸収するマットを引けばそのマットを交換するだけで耐久性もクリアするのではないでしょうか。

こちらの対象は小型犬・中型犬となっています。トイレのしつけが終了したらそのまま愛犬の少し大きめのお部屋として利用できるのも嬉しいポイントですね。

利用者の口コミは?

口コミ①

2ヵ月半の柴犬の女の子にはゆとりのある広さで、満足しているようです。トイレとの間に仕切りがあるので覚えやすいらしく初日から間違えずにしてくれました。
屋根がないので百均でメタルラックと結束バンドを購入し取り付けたのですが、このとき部屋と屋根に隙間で出来ないようにしないと挟まってしまうことがあるようなので注意してくださいとペットショップの方に言われました。

参照:楽天市場

トイレとベットが近すぎるとまだトイレを覚えていないワンコは、混乱することもあるので仕切りがあるこのケージはトイレを覚えるには最適!
また、トイレとお部屋が離れているから広さもあるので、購入者の飼い犬も広さに満足しているようですね。飼い犬が満足しているのは飼い主にとっては一番の幸せなのでうれしいですね。

口コミ②

思ったより広く、中型犬より大き目の犬なのですがゆっくり出来てよかったです。トイレは、少し小さ目ですがしきり扉を外せは大丈夫でした。思うようにアレンジできるので便利です。組み立ても部品をはめ込むだけで簡単。お値段も安くお買い得でした。

参照:楽天市場

少し大きめのワンコでも、トイレと生活スペースが分かれているのでゆっくりできるようです。あまり窮屈だとストレスを感じることを考えるとありがたい!
お部屋にあわせて長方形にもL字型にもアレンジできるとすっきりお部屋に収まるので助かります。

高級ホワイトケージ、ツインルーム

楽天市場で購入

 

見た目の可愛さとまるで家具のような高級感のあるホワイトゲージツインルーム。

完全受注生産で家具職人が1つずつ丁寧に手作業で制作しています。

通常よく見るケージとは一線を画す全体がホワイトでまるでお姫様のお部屋のようです。

しかも、ハートと肉球のマークの切り抜きが正面と側面にあるので可愛らしさをさらに倍増させています。

また、内部もクッションフロア貼りのため足に負担をかけることがないのも嬉しいポイントですね。お部屋はツインルームでも使用も持ちろん出来ますが、真ん中の仕切りを外すとワンルームとしても使用できますよ。

ただ、受注生産のためご注文後に約1か月~2か月のお時間をいただくのでお急ぎの際はお早目にご注文をすることをおすすめいたします。
また、小型犬用のもののみとなっていますのでご注意ください。

利用者の口コミは?

口コミ①

ハートや肉球の模様や屋根のディテールがとてもかわいいのはもちろんですが、装飾も厚みがあり家具としても立派です。幅と奥行きを大きくしてもらうためにアレンジを頼みましたがプラス1万円でした。説明書も丁寧に書かれていました。欲を言えば扉の留め金も白で丸みがあるとより良かったと思います。
値段は、少し張りますが末永く使いたいと思えるもので購入して良かったと思います。

参照:楽天市場

「我が家の姫に似合うお部屋が欲しい!」という方におススメ!
どこのお家のワンコのお家と被ることもなく、奥行きなどをカスタマイズすることも出来ます。「お値段が・・・。」と思われる方もいるかもしれませんが、唯一無二で手作りなのを考えると妥当なお値段かもしれませんね。

口コミ②最初は、塗装の匂いが気になりお留守番のあとは窓を開けることが多かったです。お留守番のあとは、ワンコにも塗装の臭いが移ってしまいました。1か月経過したら、臭いも和らいできました。また、ベージュに塗装をしていただいたのでお部屋に馴染んでいます。

参照:楽天市場

塗装した場所と届けた場所の気温差が想定よりも大きく到着したときに、臭いが気になったようです。
防ぐために、真夏や真冬の注文よりも春や秋の落ち着いた気温のときの方が無難なもしれません。

しかし、口コミに対して真摯に回答を販売先がされているので信用性が高いのではないでしょうか。

共働きで犬に留守番させるときに使うケージの選び方

ここでは共働きで犬に留守番させるときに使うケージの選び方を紹介します。

ケージとサークルどちらが良い?

留守番の際にお家で犬を入れておく場所には、大きく分けて「ケージ」と「サークル」がありますが、どちらを選べばよいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申し上げると小型犬・中型犬は「ケージ」、大型犬は成長の度合いによって「サークル」にいれてあげることをおすすめします。

ケージとサークルは、
・ケージは、天井と床が付いている
・サークルは、天井や床が付いていなかったり、大きく囲むことができる
簡単にいうとこんな違いがあります。

また、ケージは四方を囲まれているので犬にとって安心感が感じられるという良い点があります。
しかし、弱点として大型犬に対応したケージはなななかありません。天井が低いため大型犬にとって窮屈になってストレスを与えてしまう可能性も。

ですのでケージかサークルのどちらかを迷っている方は、飼っている犬種やその犬の成長具合によって適切なものを選びましょう!

大きさはどのくらい?

ケージの大きさは犬のサイズや種類にあったものを選ぶことが重要です。

なぜなら、犬は種類によって大きさも様々で一概に「ケージはこれ!」というように一択で決めることが出来ないからです。

例えば、大型犬なのに小型犬用のケージにいれるとします。すると、ケージの天井と大型犬の背中が当たってしまったり、ケージの中でターンが出来ず同じ体勢しかできず不快感を感じてしまう可能性があるでしょう。

犬は言葉を話すことが出来ないので飼い主が「自分だったらどうだろう?」という視点を持って犬それぞれのサイズに合うケージを選ぶことが大切になるでしょう。

だた基本的には、ケージにいれてお留守番をさせるのは小型犬から中型犬までが良いでしょう。大型犬は、成犬になると先ほど事例のようになることもありますので子犬のときのみの利用をおすすめします。

お留守番の長い時間を過ごすときに犬が居心地のいいケージを選んであげることで問題行動を起こすことが少なく、なにより犬自身がリラックスして過ごすことが出来るでしょう。

ケージの中に入れておくものは?

「ケージは準備したけど、お留守番のときに一緒に入れておいた方がいいものがあるのか分からない。」
というふうに犬を飼われた経験がない方は思われるかもしれません。実は、「これだけは入れておいて欲しい!」というお留守番アイテムが何点かあるんですよ。

これから家族になるかわいい犬のためにもケージの中に準備しておきましょう。

・ベット
・水入れまたは給水器
・トイレ
・毛布

ケージの床のままでは犬によっては、身体が冷えてしまうこともあります。ですので必ずベットを用意してあげましょう。このとき普段からお気に入りの毛布やタオルがある場合は、一緒に入れてあげると犬が安心するのでおすすめです。

また、トイレは必ず入れてあげましょう。トイレがないと寝床が汚れてしまうのが嫌で我慢してしまうことがあります。犬にとってストレスだけでなく身体にも良くないので気を付けましょう。

特に夏場に気を付けて頂きたいのが、水を用意しておくことです。まだ子犬で給水器になれていない場合はお皿に水をいれておくのも良いと思います。また、お留守番をさせる際には必ず給水器の水の分量を確認しましょう。給水器にほとんど入っていないのに気が付かずお留守番をさせてしまうと途中で水がなくなり喉がカラカラの状態で飼い主を待つことになってしまいますし、場合によっては熱中症になってしまうことも。

ケージに最低限入れて頂きたいのは、犬が安心して過ごせるものばかりなので留守番前には準備できているかどうかを確認してあげましょう。

共働きで犬のお留守番にケージを使う時の注意点

共働きで犬のお留守番にケージを使う時の注意点は以下になります。

外出時は必要以上に犬にかまわない

外出時は必要以上に犬にかまわないことが大切です。

なぜなら、犬は元々集団で生活をする動物なのでお留守番でひとりになってしまうことが苦手だからです。

たとえば、外出をする前に必要以上に「行ってくるね!」と声かけをしたり抱きしめるとします。すると、犬は「この行為をされると飼い主さんはどこかに行ってしまう・・・。」と悲しい気持ちでお留守番をすることになってしまいます。自分のかわいい愛犬にそんな気持ちは抱かせたくないですよね。

そこでお留守番をさせるときも、普段と変わらない状況で外出することがおすすめ。また帰宅した際もオーバーに「ただいま!」と声かけをすることはせず普段と同じように接することが大切です。

「自分が耐えられない!」
という方もいらっしゃるかもしれませんが犬を大切な家族と感じるのであれば、そこはグッと我慢をして一緒に過ごせるときに100%の愛情を注いであげましょう。

10時間以上お留守番させるとき狭いケージは絶対にNG

10時間以上お留守番をさせるときに狭いケージに入れっぱなしにする行為はしないほうがいいでしょう。
理由として次のことがあげられます。

・トイレシーツが汚れてしまい排泄を我慢してしまう
・お腹が減る
・ストレスがたまる

長時間留守番をさせると排泄の回数が増えてしまうのは仕方がないことですよね。汚れたトイレシーツで排泄を行うのを避ける犬も多いのをご存じでしょうか。

しかし、そのため排泄を我慢してしまうことで病気に繋がりかねません。また、たとえ自分のものだとしてもベットの近くで排泄物の匂いがするのは不快でストレスが溜まりますよね。

そして、長時間留守番をするということは、お腹も減ってしまいます。例えば普段は、18時にご飯を食べれるのに時間を過ぎても食べれずお部屋も暗いままだとしたらどうでしょう。ストレスが2重にかかってしまいますよね。最近では、時間になると自動でご飯が出てくる機械も販売されていましがケージは最低限のスペースしかないので場所を確保するのが難しいでしょう。

そのように10時間以上のお留守番は犬にとって多大なストレスを与えかねないのでなるべく避けるようにしましょう。
仕事の都合でどうしても10時間以上お留守番をさせないといけないときは、サークルを利用して広めのスペースでストレスがないように過ごせる環境作りをすることが必要となってきます。

まとめ

結論、共働きで犬に留守番をさせる時にケージは必要と言えるでしょう。

なぜならお留守番中の犬にケージを用意することで、留守番中の問題行動や事故を防げたり、留守番中の犬に安心感を与えることができるからです。

また犬のお留守番におすすめのケージは、以下の4つといえるでしょう、

お留守番に最適なケージがわからないという人は是非参考にしてみてください!

投稿者プロフィール

まいくぅ
まいくぅ
動物の専門学校を卒業後、トリマーとしてペットショップで3年間勤務。
現在は本業の傍ら、フリーでトリマーとして活動しています。
ペットのお手入れやしつけ方法、実際に使ってよかったペットグッズについての知識が豊富です。飼い主さん目線でわかりやすく、愛犬との生活に役立つ情報を丁寧にお伝えしていきます。

-GOODS

Copyright© maiku blog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.