犬がシャンプー中に震える!?原因と対処法をトリマーがご紹介! | maiku blog

DOG SHAMPOO TRIMMING

犬がシャンプー中に震える!?原因と対処法をトリマーがご紹介!

犬をシャンプーしているときに、愛犬がブルブルと震えていることありませんか?

なぜ震えているのかもわからず、そのままにしている飼い主さんもいらっしゃるのではないかと思います。

犬がシャンプー中に震える理由は、大きく分けて3つあると言われています。

今回は犬がシャンプー中に震える理由と対処法をご紹介します。

こんな方におすすめ

  • シャンプー中に犬が震える理由が知りたい!
  • シャンプー中に犬が震えた時の対処法が知りたい!


犬がシャンプー中に、震える理由①ストレスを感じているため

犬には、シャンプーが大好きで喜んで入ってくれるわんちゃんもいますが、ほとんどの犬がシャンプーをすることが苦手です。

苦手なシャンプーをされるストレスによって、犬がブルブルと震えてしまうことがあります。

それでは、なぜ犬はシャンプーが苦手になってしまうのでしょうか?
次から、犬がシャンプーが苦手になってしまう原因と対処法をご紹介します。

シャワーが怖いから

犬をシャンプーする時には、必ずシャワーを使いますが、このシャワーの水圧と音が恐怖である犬が多くいます。

まず犬は突然お風呂に連れてこられ、突然流れ出すシャワーの「ザー」という音に驚き、恐怖を覚えます。

また初心者の飼い主さんは、そういった犬の恐怖心を考えられないことが多いので、水圧の高いシャワーを犬の体に無作為にかけ、顔を流す時にもシャワーの水をダイレクトに目や鼻にあててしまうので、犬にとってシャワーが怖いイメージをつけてしまいがちです。

最初のシャンプーで、犬にとって「シャワー=怖いもの」というイメージがついてしまうと、シャンプーをする時に、犬がブルブルと震えてしまうことがあるのです。

シャワーが怖くて震える時の対処法

犬をシャンプーする時には、シャワーの水圧は弱めにしましょう。

シャワーヘッドを頭にぴったりとくっつけたり、ホースのお湯を使うことで犬がシャワーを怖がってしまう原因の音と水圧を消すことができます。

また、顔を流す時には、鼻の穴にお湯が入らないように顔を下に向けて流してあげてください。
顔をシャワーで流すのが苦手な子は、水を含ませたスポンジやタオルでしっかりと流してあげましょう。

犬の顔シャンプーのやり方。暴れてしまう時の対処法をトリマーがご紹介

シャンプーの香りがストレスであるから

人間にとってシャンプーの香りは、いい匂いに感じることが多いと思います。
しかし犬にとってシャンプーの香りは、自分の匂いを消してしまう嫌な香りであることが多いです。

というのも、犬はそれぞれ違う匂いをしていて、匂いで自分の情報を開示しています。

例えば、お散歩で犬がお互いのお尻の匂いを嗅いでいる行動を見たことがあると思いますが、
お互いのお尻の匂いを嗅いでいる仕草は、犬の情報を交換し、自己紹介をし合っている仕草であるといえます。

犬にとって、自分の匂いは自己開示のためのツールであるといえます。

そんな自分の匂いを消してしまうシャンプーの香りは、犬にとってストレスになってしまいシャンプーをしているときに震えてしまう犬がいるのです。

シャンプーの香りがストレスである時の対処法

自分の匂いが消えて、シャンプーの香りが体につくことがストレスで震えてしまう犬には、香りの強すぎない無香料のシャンプーを使用してあげましょう。

またシャンプーの頻度が多すぎると、自分の匂いが消える頻度が増え更にストレスになってしまいます。

シャンプーを使うのは、月に一回程度で、お湯洗いで十分な時はシャワーで流す程度にしてあげることをお勧めします。

犬がシャンプー中に、震える理由②寒くて体が冷えてしまっているため

シャンプー中のお湯の温度が冷たすぎたり、シャンプー後すぐにドライヤーで乾かさなかったりすると、犬は寒くて震えてしまいます。

冬場などは特に寒いので、シャワー後タオルで拭いている時にガタガタと震えてしまう犬も多いです。

犬が寒くて震えてしまう原理としては、震えることで筋肉を動かし、体の熱を作り、体温を上昇させているという原理です。

犬が寒くて震えている時の対処法

まずシャワーの温度が低すぎて犬が震えている場合は、水温を上げてあげましょう。
犬の体温は人間よりも高いので、シャワーの温度は大体38度くらいが丁度いいです。

次に、シャンプー後に寒くて犬が震えている場合は大きめのタオルでサッと水分を拭き取り、すぐにドライヤーの温風をかけてあげてください。

また冬場などは脱衣所が寒い場合があるので、暖房をつけてあげることをお勧めします。

犬がシャンプー中に、震える理由③体調が優れないため

シャンプー中に限った話ではありませんが、病気が原因で犬が震える場合があります。

例えばヘルニアや関節痛による痛みであったり、誤食による中毒症状、てんかんや水頭症などの脳障害、感染症など様々な病気の症状として犬が震えることがあります。

病気が原因で犬が震えている時の対処法

ストレスや寒さなどがないときに、あきらかに様子がおかしく震えている場合は何かしらの病気である可能性もあります。

具体的に何の病気なのか素人が判断することは難しいので、すぐにお近くの動物病院に連れて行ってあげましょう。

まとめ

今回は犬がシャンプー中に震える原因と対処法をご紹介以下の3項目に分けてご紹介しました。

犬がシャンプー中に震える理由は、シャンプーに対する恐怖心や寒さ、病気による震えであることがほとんどであるということがわかりました。
犬がシャンプーで震えてしまう時は、なぜ震えているのか正しく判断し、犬の立場に立って対応してあげることが大切です。

投稿者プロフィール

イマイくぅ
イマイくぅ
動物の専門学校を卒業後、トリマーとしてペットショップで3年間勤務。現在はフリーのトリマーとして活動中。
ペットのお手入れやしつけ方法、実際に使ってよかったペットグッズについての知識が豊富です。飼い主さん目線でわかりやすく、愛犬との生活に役立つ情報を丁寧にお伝えしていきます。

-DOG, SHAMPOO, TRIMMING

Copyright© maiku blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.